【書評】朝9時10分までにしっかり儲ける板読み投資術/坂本慎太郎(東洋経済新報社)



どーも、パクリ先回り投資家こと失業マンです。


Bコミ氏こと坂本慎太郎氏の新刊を読んだのでその感想です。

朝9時10分までにしっかり儲ける板読み投資術

坂本 慎太郎 東洋経済新報社 2017-07-14
対   象:これからデイトレを学ぶ方
おすすめ度:★★☆☆

※評価基準はこんな感じ
★★★★★:書評読む前に即注文!
★★★★☆:個人的にオススメ、是非購入検討ください
★★★☆☆:書籍代はペイしそう、立ち読みで気に入れば
★★☆☆☆:立ち読みで十分かな
★☆☆☆☆:時間とお金の無駄

概要

内容は、板読みを使った主にデイトレの入門書って内容です。
失業マンはデイトレできる環境にありませんが、投資の幅を広げるのを目的に買ってみました。

結論から言うと、期待過剰だった分、ハズレ感が若干あります。
(デイトレできない環境の人には★2くらい。)

内容薄め

本当に入門書って感じで内容が薄めです。
板読み術か書かれてますが、おそらく坂本氏のノウハウのほんの数%じゃない?って程度。
1/4弱に相当する1章部分は坂本氏のこれまでのディーラー、ファンドマネージャー時代の経歴紹介で、ある意味不要。
6章のメンタル部分は必要だろうけど、そこにページ割くなら板読みをもっと詳しく書いてほしかった。

リーマン向きではない

さらに、タイトルで「朝9時10分までにしっかり儲ける」、帯で「サラリーマンでもできるデイトレ術」とか書いてあるので、兼業の失業マンでもなんとかなるかなぁというスケベ心が実はあったのですが、内容読むとリーマンでは難しいです。

実際のトレードは確かに寄り付き後の10分なのですが、それまでの下準備に、
  • 寄り付き前に200銘柄の板をチェック
  • しかもそれを8時から3巡回(のべ600銘柄のチェック)
  • そこから板のよい3銘柄をピックアップ
が必要で、この作業には45~60かかりリーマンには厳しい。失業マンには無理ゲー。

10分一本勝負で儲かるほど相場は簡単にできてないってことですね。
タイトルとか帯は本を売りたい出版社が間口を広げるために大げさに書いたのでしょう。

まとめ

期待してた分、辛めことばかり書いてしまいましたが、参考になることもあり、
・買い板の厚い板で勝負
・アルゴリズムトレーダーの特徴
・OVER,UNDERは無意味
あたりは勉強になりました。

あと、やはり1,500円の書籍でデイトレのノウハウを得ようとするのは甘かったか。
穿った見方ですが本は撒き餌で、突っ込んだ話はもうちょい高額なパンローリングのセミナーとかDVDじゃないとってことでしょうか。



株のデイトレ・スイングトレード通信スクール 『緊急追加募集!5名様限定!』



【出版記念セミナー 】 坂本慎太郎(Bコミ)の『板読み投資術』7月29日(土)開催



DVD しっかり儲ける板読み投資術 【トレーダーズショップ限定販売】

↓↓↓応援のクリックいただけると励みになります。お願いいたします。
にほんブログ村 株ブログ 割安株へ
にほんブログ村


サラリーマン投資家 ブログランキングへ